<円卓会議>政府が初会合 「新しい公共」の概念深める(毎日新聞)

 政府は27日、市民やNPOなどが社会的活動を主導する「新しい公共」の概念を深めるための「円卓会議」(座長・金子郁容慶大教授)の初会合を首相官邸で開いた。NPOなど公益性の高い法人への優遇税制や資金援助などを検討し、夏までに結論をまとめる。鳩山由紀夫首相は昨年10月の所信表明演説で「市民やNPOの活動を側面から支援することが21世紀の政治の役割」と語っていた。

 初会合で首相は「『公』と言うと官(庁)がまかなう発想だった。民との協力で、もっと満足や幸せを得られる社会を作れる」と述べた。【小山由宇】

首相、外国人参政権「簡単ではない」(産経新聞)
千葉の光洋会が民再法の適用申請、双樹会に連鎖(医療介護CBニュース)
聴覚障害裁判員候補 手話通訳の手配怠る(産経新聞)
八ッ場ダム 国交相、初の住民と意見交換 (毎日新聞)
城ブーム!1000円高速乗り「歴女」参上(読売新聞)
[PR]
by u1qfe1xtnx | 2010-01-30 14:04
←menu