資格変更200件申請か 老舗旅館社長ら書類送検(産経新聞)

 富山県黒部市宇奈月温泉の老舗旅館「延楽」が、仲居としての就労資格がないと知りながら中国人を働かせていた事件で、中国人の在留資格変更を申請した東京都墨田区の男性行政書士(70)が、警視庁組織犯罪対策1課の事情聴取に「ブローカーに頼まれて、これまでに約200件の申請を行った」と話していることが25日、捜査関係者への取材で分かった。同課は同日、入管難民法違反(不法就労助長)などの疑いで、延楽の男性社長(59)と行政書士を書類送検した。

 捜査関係者によると、行政書士は中国人ブローカーの男(33)=同法違反罪で起訴=から依頼を受け、「平成20年4〜12月ごろにかけ、約200件の中国人の在留資格変更を申請した。報酬は1件あたり約1万円だった」と供述。延楽はブローカーの仲間が経営する人材派遣会社を通じて、中国人を受け入れていた。同課はブローカーらが大規模な不法就労にかかわっていたとみて調べている。

「鳩山vs谷垣」初対決…偽装献金・小沢氏問題(読売新聞)
聴覚障害の裁判員候補者に手話通訳準備せず(読売新聞)
<陸山会土地購入>小沢氏が聴取応諾へ(毎日新聞)
<訃報>内藤治さん86歳=元帝国繊維副社長(毎日新聞)
<野良猫>競輪場バンクに侵入 対応に苦慮(毎日新聞)
[PR]
by u1qfe1xtnx | 2010-01-27 20:15
←menu