「憲法違反という人いる」 外国人参政権法案で官房長官(産経新聞)

 平野博文官房長官は12日午前の記者会見で、政府・民主党が18日召集の通常国会に提出を目指す永住外国人地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法違反であると一部おっしゃる方もいると聞いている。そのことも十分踏まえて(法案を)提出をしなきゃいけない」と述べた。

 また、法案の取り扱い自体に関しては「提出すべき検討法案の1つとして、政府としては考えている」と説明。韓国籍だけではなく、朝鮮籍を参政権付与の対象に含めるかどうかは「非常に大事な視点だ。そういうことも含めて法案の中身を検討する」と述べるにとどめた。

 憲法15条では公務員の選定・罷免を「国民固有の権利」と明記。93条で地方参政権を持つと定められる「住民」について、平成7年2月の最高裁判決は「日本国民を意味するもの」としている。

【関連記事】
外国人参政権法案「理解得られる」と首相 「日韓併合100年というタイミングでもある」
小沢氏主導で「外国人参政権」が新たな火ダネに? 
外国人参政権 自民は反対姿勢を明確に
外国人参政権法案 山岡氏「通常国会で必ず成立」
亀井氏、外国人参政権「小沢氏はごり押ししないと思う」

北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
<三井生命保険>顧客情報入りパソコン11台紛失(毎日新聞)
「派遣村」の継続 市民団体が要望(産経新聞)
間寛平さん 前立腺がんと判明 「アースマラソン」は継続(毎日新聞)
<芥川賞>該当作品なし 99年上半期以来(毎日新聞)
[PR]
by u1qfe1xtnx | 2010-01-18 18:15
←menu