中国へ里帰り 和歌山のパンダ「幸浜」歓送会(産経新聞)

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」で14日、繁殖のため中国に渡る4歳の雄のジャイアントパンダ「幸浜(こうひん)」の「歓送会」が開かれた。

 幸浜は現在、体重約110キロ。中国動物園協会の要請で、4頭目の“訪中”パンダとして、四川省成都の繁育研究基地に送られることになった。

 幸浜は、雌のパンダに見立てた雪だるまや好物のササなどをもらい、ご機嫌な様子。入園客からは「いってらっしゃい」などと声があがっていた。

【関連記事】
和歌山生まれのパンダ「幸浜」が中国へ 目指すは「子作り」
期待がかかるパンダの“実子”誕生 石原知事「5万ドル値切った」
上野動物園にパンダが復活
石原知事、パンダ復活「繁殖で日本製のパンダを」
目玉の“万博パンダ”が上海へ 四川省から空輸
20年後、日本はありますか?

愛知の83歳を原爆症認定…名古屋訴訟控訴審(読売新聞)
【風】学用品・通学・部活…かさむ費用(産経新聞)
禁煙したい喫煙者、「増税を機に」が6割以上(医療介護CBニュース)
自殺報道、総務省が民放テレビに質問メール(読売新聞)
外国人の子ども手当に国内居住要件を検討 長妻厚労相(産経新聞)
[PR]
by u1qfe1xtnx | 2010-03-20 12:17
←menu