<不正受注調整>大手3社を立ち入り検査 公取委(毎日新聞)

 トヨタ自動車やホンダ、日産自動車など日本の大手自動車メーカー向けに販売する自動車用の電線を巡り、不正な受注調整をしていた疑いが強まったとして、公正取引委員会は24日、独占禁止法違反(不当な取引制限)の疑いで矢崎総業(東京都港区)、住友電気工業(大阪市)、古河電気工業(東京都千代田区)の大手3社を立ち入り検査した。

 関係者によると、立ち入り先は本社や支社など二十数カ所にのぼる。対象商品は「ワイヤーハーネス」と呼ばれるもので、電子部品用に自動車内部に張り巡らされている電線の束。3社は遅くとも02〜03年以降、自動車メーカーがモデルチェンジのために実施するコンペで、見積価格の提示を求められる際、事前に受注予定者を決めていた疑い。シェア確保と価格の下落防止が目的だったとみられる。

 自動車用ワイヤーハーネスの年間の市場規模は4000億円を超え、3社で9割以上のシェアを占めているという。【苅田伸宏】

【関連ニュース】
公取委:電力用材料の受注調整でメーカー3社に課徴金
人事:公取委(28日)
9月22日号
独禁法違反:高圧電力ケーブル3社に排除命令 課徴金6億円−−公取委
人事:公正取引委員会

<関西大>日本史で出題ミス 新たに11人合格(毎日新聞)
参院島根にアナウンサー擁立へ=民主(時事通信)
【風】近畿の2路線は観光利用増加?(産経新聞)
事業仕分け第2弾「議員は倍に」野田副大臣(読売新聞)
「表に出せない金、記載せず」=民主・小林氏資金団体の会計担当者(時事通信)
[PR]
by u1qfe1xtnx | 2010-02-25 06:16
←menu